留学全般

世界と日本の英語人口の比較。日本人の英語は世界最下位!?

世界・日本には、いったい英語を話す人が何億人いるのか。第二言語とは何か書いていきます。

ちなみに、日本の英語力について心底悲しいデータが出てきましたので、覚悟してご覧ください。

はてな男

英語人口はどのくらい?
ノンネイティブは何%?
どのくらいの日本人が英語話せるの?

といった疑問は、この記事で全て解決されます!

世界の英語人口

世界地図

いったい世界には何億人英語を話す人がいるのか。

なんと21億人もの英語スピーカーが世界には存在します文部科学省調べ)。

世界の人口は77億人と言われていますので全人類のうち27%国連調べ

約3人に一人が英語を話すということになります。

みんな英語話しすぎや。

日本人からしたら考えられませんよね。

ネイティブの割合とノンネイティブの割合

地球儀

では、3人に1人が英語を話すといわれている中で、

ネイティブとノンネイティブの割合はどうなっているのでしょうか。

英語ネイティブとノンネイティブの割合

21億人の英語人口のうち、ネイティブの人口はたったの4億人文部科学省調べ)。

割合で言えば、19%となります。

となれば、必然的にノンネイティブの割合は81%。

さトゥ

ノンネイティブ多すぎワロタ?!

と現在フリーズしております。

事実として、英語を話す人口の80%以上がノンネイティブなのです。

世界には196の国がありますが、英語を公用語・準公用語とする国の数は54ヵ国。

全世界の28%の国では当たり前のように英語が話されています。

英語はもはやアメリカ人やイギリス人の言葉ではありません。

世界の共通言語として、世界中の人が勉強し、取得しています。

第二言語とは

英語の辞書を読む女の子

ノンネイティブというのは、文字通りネイティブではない人。

よって、第二言語として外国語を話す人のことを指しています。

第二言語の定義
その人が母語(第一言語)を習得した後に、あらためて学習し使用することができるようになった母語(第一言語)以外の言語。

Weblio辞書

日本では、小学5、6年生を対象に英語の授業が始まったのは2008年から。

日本では英語以外の言語の義務教育は行われていません。

そのため、英語=第二言語というイメージがついています。

日本の英語人口

日本の風景

日本には、いったいどれくらいの英語人口がいるのでしょうか。

調査によると、日本人の72%が「英語は話せない」「単語を羅列させる程度」というデータが出ています。(Economic News

「日常会話において十分なコミュニケーションがとれるレベル以上」と答えた割合は15%。

計算すると、1億2000万人のうち、1800万人。数字で見れば結構多いですね。

%にすると、
21億人の英語人口のうちわずか0.8%が日本人となります。

世界の英語人口のうち、日本人の割合

0.8%だとグラフに数字も出してもらえない。

先進国ではありえない数字です。

それを決定づける資料がこちら。先進国(OECD)のTOEFLのスコアランキングです。


ETSによるOECDのTOEFL統計_アメリカ生活の知恵より引用)

なんと先進国36ヵ国の中でのランキングは最下位。

アカーーーーん。

さトゥ

先進国じゃなくて、世界で見れば日本は優秀でしょ。

と思い、願いながら調査。調査しなければよかった。

全世界130ヵ国以上(TOEFLデータのない国は除く)においては、

スピーキングに限ってみるとアフリカの、コートジボワール、コンゴと並んで日本はなんと130カ国中最下位という結果に。(Test and Score Data Summary for the TOEFL iBT® Tests)

これ本当なんです。目を疑うほど衝撃。

英語ですが気になる方はチェックしてみてください。→Test and Score Data Summary for the TOEFL iBT® Tests)

世界で3人に1人が英語を話すというのに、日本は15人に1人。

オーマイグッネス。

さいごに

ノンネイティブが英語人口のほとんど占めていることがお分かりいただけたかと思います。

日本人の悲惨な現状もついでに。

さんざん残念なデータを並べて悲しんできましたが、実をいうと僕はすごく前向きです。

これはかつてないチャンス。

「全く英語ができない日本人」がほとんどな中で、

「英語が話せる日本人」になった途端に、一気に頭一つ飛び抜けられるってことになるから。

日本人のほとんどが英語ができないおかげで、チャンスが僕たちに回ってきたわけです。

日本の受験戦争用英語教育ナイス。

アイコン名を入力

てかそもそも英語いらなくね?

英語英語うるさくね?

という方のために、”なぜいま英語を学ぶ必要があるのか”を次の記事にて共有していきます!

英語ジャンジャン学んでいきましょう!